水中写真家 舘石昭

マリンフォトライブラリー > 水中写真家 舘石昭

海の中がまったく未知の世界だった1956年より、手作りのハウジングで水中撮影を始め、1957年、日本で初めての水中写真のグループ展を開催。日本初の水中ドキュメント「海は生きている」(羽仁進監督)の水中撮影を担当した。映画、社会記事、海中ドキュメントなどあらゆるテーマの水中シーンを一手に引き受け、日本にはかつてなかった「水中写真・映像」という新たなジャンルを確立。水中写真をアートの世界に引き上げた第一人者として、世界的に活躍した。防水ハウジング「タテイシブロニカマリン」を制作するなど、水中撮影機材の開発にも貢献。一方で素晴らしい海の世界を潜る仲間を増やしたいとの思いから、1969年日本初のダイビング専門誌『マリンダイビング』を創刊。日本におけるダイビングのメジャー化、ダイビング界の水中写真ブームをリードしてきた。また、地球の海の魅力を伝えるべく『海と島の旅』『アイラブダイビング』『マリンフォト』などの定期刊行物のほか、写真集、書籍などさまざまな出版物を刊行。モルディブを日本で初めて紹介するなど、水中写真家としてだけでなく各誌の編集長として、海外や国内の海の魅力を幅広く取材し、紹介した。

2004年、世界的なダイビング賞『INTERNATIONAL SCUBA DIVING HALL OF FAME』にアジア人として初めて選ばれダイビング殿堂入り。2005年には永年にわたる水中写真の発展と普及への貢献が認められ、「文化庁長官表彰」を受け、2006年春の叙勲では「旭日双光章」を授与される。 2011年に株式会社水中造形センター社長から会長になるが、水中写真家としてそれまでと変わることなく国内外の海を撮影し続ける。 2012年9月、永眠(享年82歳)。

【経歴】
公益社団法人 日本写真家協会 会員 / 公益社団法人 日本写真協会 会員 / 日本自然科学写真協会 会員 / 社団法人 レジャー・スポーツダイビング産業協会 顧問 / 一般財団法人 日本水中写真普及協会 会長 / 株式会社 水中造形センター 取締役会長

水中写真家 舘石昭

著書

  • 『海中公園』(朝日新聞社)
  • 『沖縄の海と自然』(小学館)
  • 『海のさかな』(あかね書房)
  • 『水中写真入門』(朝日ソノラマ)
  • 『遥かなる珊瑚礁』(ぎょうせい)
他多数

当社刊行

他多数
ページトップへ戻る

水中写真家 舘石昭 略歴

マリンフォトライブラリー > 水中写真家 舘石昭 略歴

1930年
千葉県に生まれる
1952年
千葉大学工学部意匠学科に在学中、毎日新聞社主催の全国学生油絵コンクールで毎日新聞社賞受賞。同学中退
1956年
絵のモチーフを水中に求めて、ダイビングを始める。
やがて手作りのハウジングで水中撮影を始める。
アートを感じさせる作品は、新たな芸術表現として話題を集める
1957年
水中写真家 舘石昭が日本で初めての水中写真のグループ展を、東京・銀座で開催。
同写真展がきっかけで羽仁進監督の日本初の長編ドキュメントカラー映画「海は生きている」の水中撮影を担当することに
1959年
初の16㍉水中記録映画『海底の動物』を制作。さらに6つの映画
それぞれで水中撮影を担当
1966年
4月、羽田空港沖で全日空機墜落事故をスクープ
「タテイシブロニカマリンⅠ」を試作
1967年
「タテイシブロニカマリンⅡ」のデザインに成功
1969年
日本初のダイビング専門誌『マリンダイビング』を創刊
1971年
日本初の本格的な水中フォトコンテスト「マリンダイビング水中写真コンテスト」を開催
1978年
ビーチ&リゾートの旅を提案する『海と島の旅』を創刊
1988年
世界初の水中写真の専門誌『マリンフォト』を創刊
1993年
日本で初めてダイビングとビーチリゾートに的を絞った旅行博
「世界のダイビングリゾート」
(現在の「マリンダイビングフェア」)を開催
2004年
カリブ海ケイマン諸島でダイビング界をリードした人に与えられる
「インターナショナル・スクーバダイビング・ホール・オブ・
フェイム」にアジア人で初めて選ばれ、ダイビングの殿堂入り
2005年
長年にわたる水中写真の発展と普及への貢献が認められ、
文化庁長官表彰を受ける
2006年
春の叙勲にて旭日双光章を受章
2007年
モルディブ共和国大統領賞 特別賞受賞
パプアニューギニア大使から感謝状を受ける
2009年
一般財団法人 日本水中写真普及協会設立。
水中写真の広く一般への普及に寄与すること並びに、水中写真の普及活動により、地球環境の保護に寄与することを目指す
2012年
9月 永眠(享年82歳)

予定表

おすすめコンテンツ

  • MD公式サイト マリンダイビングweb
  • 月刊『マリンダイビング』公式ブログ
  • twitter公式アカウント
  • 2014年度新卒採用
  • マリンダイビングフェア
  • マリンダイビングクラブ 会員募集中
ページトップへ戻る